愛の渦 動画 フル

愛の渦の動画フル情報を掲載しています。無料視聴ができる動画配信サービスの詳細などをご参考下さい。



愛の渦動画フル配信中>>U-NEXT

愛の渦は現在ユーネクストで配信中です。動画再生にはポイント課金540ポイント(1P=1円)が必要ですが、新規登録で600ポイントがもらえますので、このポイントを利用すれば愛の渦を無料視聴することが可能ですよ。愛の渦は2013年クロックワークスで配給、上映されたR18+指定の映画。セックスをテーマにしており、出演者たちがフルヌードでセックスをする様子がうつしだされるため、耐性がないかたの閲覧には注意が必要です。もちろん映画作品なので、ちゃんとしたテーマに基づいたストーリーになっていて、内容は面白いですよ。常識に縛られた普段の自分たちの行動や見栄について考えさせられました。

”愛の渦”
都会の雑居ビルの一室に、異性の身体を求めて集まる男女の物語。セックスをする為だけの目的で出会う個性豊かなメンバーが、一夜という限定された時間、場所で次々と事をこなしていく。少しづつ恥じらいがなくなり開放的になる者や、コンプレックスを克服する者もいる。そんな中主人公の青年は、うつむき無言のままの同年代の少女とまぐわう事に。

いままで自分の感情を表に出さなかった少女だが、ベッドに入った途端、欲のままに動いた。青年は自分に心を開いてくれた彼女に好意をもってしまう。もちろんこの場では個々の連絡先などの交換は禁止。その場を後にする2人の展開はどうなるのか。個性溢れる俳優陣が繰り広げる、人間の渦巻いた欲と、それに沿うような薄汚い人間関係が、映画を観終わった心に薄い闇を残す。


監督は作家の三浦大輔。自身の代表作になります。脚本、演出、監督、全てを彼がしています。もともとは舞台作品だったんですね。第50回岸田國士戯曲賞を受賞した同名作品を映像化したという流れになります。[出演]池松壮亮 、門脇麦、滝藤賢一 、中村映里子、新井浩文、三津谷葉子、駒木根隆介 、赤澤セリ、信江勇、柄本時生 、窪塚洋介、田中哲司

たしかに、内容を見るに舞台に適した作りになっていました。ただ映画なだけに妙にリアル。愛の渦はセックス愛好家たちが集って相手をとっかえひっかえしてセックスをするお話なんですが、そこで繰り広げられるセックスパートナーの選ぶときの様子や生理的に受け付けない相手と行為に至るのを嫌がる様子、相手を好きになってしまう青年の心理など、ひとつの人間観察ドキュメンタリーのように観ることも出来ます。

愛の渦 動画 フル 無料



愛の渦の見どころは、やはり門脇麦さんや主演女優達のリアルな絡みシーンでしょうか。門脇麦さんって、闇金ウシジマくんの時もそうですが、こういう闇堕ち系の演技上手いですよね。今後もこのような作品ばかりになってしまうのでは。。?とちょっと心配ですが、この作品の彼女の演技はラストシーンまでしっかり観ると物凄い演者だとわかります。

あとは、どんどん豹変していく参加者たちの様子も見どころですね。最初はみんな相手に気を使った振る舞いをしますが、セックスをした後は一瞬で本性がむき出しになってしまい、その人間性が顕になります。現実社会では男性目線で面倒と思うプロセスを踏まずに一気にセックスにおよぶため、その変貌ぶりがとても早いなと感じました。でも、一番豹変してしまうのは実は女性の方なんですよね。あくまでもこの物語内のことですが。

個人的にはもう少し会話の部分を増やして絡みシーン減らしてほしかった。尺を取り過ぎてる感は否めません。常連さんはなぜ絡みが始まるとわざわざ見に行くんでしょうか。。。w

さて、実際にこのようなセックスサークルの集いや、アダルトビデオで観るような乱交パーティはあるのかというと、あるにはありますが、男性諸君はあまりユメを見ないほうが良いでしょう。作品のような美人さんは間違いなくいないといえます。いるとしたら。。。途中で来るカップルのような感じだと思って下さい( ゚∀゚)・∵. グハッ!!

まともな一般女性があのような場所にお金を払ってくることは現実社会ではほぼありえないと思います。そういう観点では、この作品は男性の方がファンが多いのかもしれません。でも、門脇麦さん演じる普段文化系でおとなしく、自分を隠しながら生きている潜在的な女性は多いでしょうね。場所さえうまく示すことができればもしかしたら。。。って感じです。彼女の最後の笑顔から思い込みに入るラストシーンがとても好きです。日常では見せないひととき。男性は引きずるかもしれませんが、女性はきちっとしていますね。