ぼくは明日、昨日のきみとデートするの映画動画フル無料視聴情報。福士蒼汰さんと小松奈々さん出演のラブストーリー。原作は宝島社出版の七月隆文さんの小説。時間のすれ違いによる、たった30日間の恋を描きます。動画配信については後日お知らせいたします。



映画『ぼくは明日』は2017年6月14日配信スタート

《配信先》
1>>TSUTAYA DISCAS

2>>U-NEXT

3>>ビデオパス

いずれも登録特典で無料視聴できます。&お試し期間内に解約で料金無料です。スマホやタブレット等マルチデバイス対応。注)auビデオパスは、au携帯IDが必要です。



この作品、最初はタイトルを見て疑問を感じました。明日、昨日の君とデートする。というタイトルの矛盾、まずそこに惹かれましたね。直感的に読んでみたいと思いました。読んでみて思ったよりも普通の話だなと思いながら読み進めていって中盤あたりで、もう一度最初まで戻って読み返しました。それほどまでに衝撃的だったからです。

簡単に言うと主人公とヒロインの時間の流れ方が違います。主人公にとっての明日は、ヒロインにとっての昨日です。ということは、主人公にとっての出会いは、ヒロインにとっての別れです。ファンタジー要素がそこだけに組み込まれていて、あとは普通の恋愛小説なんですけど一つのアクセントが加わるだけで、こんなにも泣ける小説に仕上がるのかと思いましたね。主人公からの視点で書かれていることが多いんですけど、そのシーンをヒロイン側からの視点に変えるだけで、かなり切なくなります。最近恋愛小説を読んでも泣けないなーと考えている人にはかなりおすすめです。もちろんそうじゃない人でもいいです。読むのが苦手という人は、2016年の12月に映画化されるみたいなんでそちらを観てみてください。

ぼく明日 映画 動画 フル 無料


ぼくは明日、昨日のきみとデートするの映画動画配信の予定が決まり次第、この項目に記載いたします。それまでは『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の感想とかを記載していおきます。

実写映画化が決まったこの物語は、どうしてもネタバレをせずに感想をいう事は難しい話ですが、ネタバレしないのであればタイトルが全てを語っていると思います。読んだ後にもう一度読んで欲しいと思いますし、何度も読むことでさらに楽しめるものだと思います。主人公高寿が電車の中で愛美に出会い一目惚れするところから始まる胸きゅんな王道恋愛話かと思えば、そうではありません。高寿と愛美は同じ時間軸を生きているわけではなく、実は愛美は別の世界の人間で愛美は高寿の時間を逆境していました。

5年に1度高寿の世界にくることが出来る愛美は、20歳の出会いを境に25歳、35歳と歳を重ねていくごとに高寿は若くなっていきます。愛美が35歳になると、高寿は5歳になってしまっている。その事実を理解した瞬間、この物語はどうしようもない悲恋なのだと気づき涙が止まらなくなりました。高寿の未来から現在、そして過去に向かっていく愛美を考えるととにかく切なくなります。愛美から秘密を明かされた後の高寿も切ないです。彼女の未来は自分自身の過去にしか存在はしない。読んでしばらくは心に残る作品であるの事は間違いないと思います。映画を見たら、私はきっとまたこの作品が読みたくなると思います。