攻殻機動隊映画動画(実写)のフル配信、無料視聴情報。日本語吹き替え、字幕版の動画配信があり次第、予定を含めて更新します。「攻殻機動隊」は士郎正宗さんによる漫画作品で、これまで押井守が監督を務めるアニメ映画や、テレビアニメがあります。「アキラ」と同じ属性の作品で、コア層にとても人気のあるSF作品です。


《攻殻機動隊動画配信状況》

攻殻機動隊シリーズはU-NEXTで配信されています。登録特典として600ポイント貰えます。これを利用すれば1ポイント1円換算で利用でき、作品によっては無料視聴可能。

GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊・・・324ポイント
↑今回の実写映画版の元です。

攻殻機動隊ARISE(全4話)・・・648ポイント
STAND ALONE COMPLEX(全20話)・・・216ポイント※1話無料
攻殻機動隊 新劇場版(2015年)・・・864ポイント
ARISE PYROPHORIC CULT(2015年)・・・648ポイント
S.A.C. 2nd GIG(全20話)・・・216ポイント※1話無料
S.A.C. 2nd GIG Individual Eleven・・・324ポイント
STAND ALONE COMPLEX Solid State Society・・・324ポイント
STAND ALONE COMPLEX The Laughing Man・・・324ポイント

お試し期間31日以内に解約すれば月額も発生しません。他にもポイント不要の見放題動画も沢山あります。動画配信の登録特典は>>映画動画TOPでもご参考いただけます。

むか~しむかしに、劇場版第一作を見て、面白いな~と感じたことは記憶しているのですが、2作目以降は話がついていけなかったのであまり記憶に残っていないのですが、確か電脳世界を行ったり来たりできる意識体が人間のカタチをしたロボットに入り込んで、3次元世界に影響を及ぼしていくというお話だったような。時間がある時にもう一度鑑賞してみますが、たしかそんな話だったはず(ノ´∀`*)。実写映画の予告を見る限り、ところどころ見た記憶のある映像があるので、劇場版第一作の内容をなぞる話になると思います。・・・っていうか、世界の北野武さんがでてる(p_-)。

で、「攻殻機動隊」は友人というか、仕事の先輩に紹介され得た作品で、当時は「これって検索エンジンだよね~」みたいな話をしていたのを覚えています。電脳世界のバグが、現実社会に影響を及ぼしている世界が舞台で、マトリックスとかを想像すればわかりやすいかもしれません。人工知能が、人のカタチをしたロボットの器を借りて、暗躍しています。その悪事を主人公たちが同じ手を使って解決していきます。それはまるで現在のネット社会に重なる感じがしていて、当時ネットもパソコンもそこまで普及していない時代によくこんな発想が出来たなと感心しました。この作品を今上映するのは、たしかに時代にあっているとおもいますが、マトリックスやザ・セルなど、電脳世界を舞台にした映画作品とどう差別化していくか気になりますね。ハリウッド制作なだけに、日本とは作り方が違うような気がしますが、とりあえず上映を待って評価を聞いてから、面白そうだったら観に行こうと思います(p_-)。