デスノート映画動画前編後編無料視聴情報を掲載しています。前編、後編共に動画配信サービスで無料視聴できますので、高画質で見たい方や「偽り」「恐れ」「虚飾」「憂い」 様ざまなネガティブに陥りそうな方は下記ご参考下さい。


「デスノート配信先」

■>>Hulu
デスノートみるならココです。ドラマ版、前編後編、Lスピンオフ、アニメ全て見放題。更に2016年新作映画の短編ドラマ3話もここで見放題配信されています。

huluはデスノートだけでなく、中の動画作品は全て見放題になっています。お試し期間は14日。その後の利用には月額933円が必要です。旧作から準新作、放送中のドラマ・アニメ・バラエティを観るならまずはhuluがおすすめです。

■>>U-NEXT
デスノートアニメ、2015年ドラマが見放題。前編、後編、Lのスピンオフは各432ポイント。有料映画でも、最初に貰える600ポイントで1作品無料視聴が可能になります。お試し利用期間は31日。この間に解約することで月額を発生させることなく全て無料視聴可能です。又、U-NEXTは家族4人まで同時接続可能。別々のデバイスでログインして観たい動画を楽しむことが可能です。


デスノート 映画 動画 前編


デスノートといえばマンガと思っている人は多いと思います。確かにマンガにはマンガの良さがあるし、映画でのキャスティングに疑問を感じた人も少なくないでしょう。私も(月の藤原竜也はどうかな?リュークどうするの微妙・・)と思っていました。夜神総一郎の鹿賀丈史にはまいりましたよ。いろいろな意味で。

でも、実際に見てみると、配役やCGの違和感はさておき、話のまとめ方がマンガより好みでした。原作の時点から、自己分析できる分、月よりLの方が能力上と思い込んでいたので、映画でのLの勝利は満足のいくものでした。神になる!と言えてしまう月は確実にLより幼稚だと思うのです。悪を排除し、善のみの世界を作るという月の考えには矛盾があるし、この人頭いいならどうしてその矛盾に気づかないのかしらと。

そもそも悪のない世界に善は存在できませんから。それに、先進国が死刑制度を排除していく現代社会において「悪い奴は殺してしまえばいい」なんて、野蛮極まりない考えです。ということで、月の破滅は必然で、命がけのLの勝利に納得がいくのです。文字通り自分の命をかけての勝利で、L死なないでと思う反面、いい結び方だと思いました。

あの最後のシーンで、あえてきらびやかではないシンプルな板チョコをチョイスしたところもナイス演出だと思います。本当に穏やかな日常の中で静かにLは逝くのだと心にしみました。松ケンL、ハマりましたね!多少の設定差はあるものの、あそこまでLというキャラクターを体現してくれるとは思っていませんでした。改めてLが松ケンでよかったと思います。松ケンの演技力万歳です!

デスノート前編は漫画実写化の作品の中でかなり原作に忠実に作られていたと思います。多少違う部分はありますが、キャラクター達は原作から抜け出してきたようでした。特にLを演じた松山ケンイチさんは漫画のLは見た目や仕草といったすべてがLそのままで本当に驚きました。原作ではLが月に勝つことなく死んでしまい、Lファンだった私はショックだったのですが、映画では月を追い詰めるLが見れたことが非常に嬉しかったです。最後は原作と変わることなく死んでしまいますが、Lらしい死に様だったと思いました。漫画の世界だからいるのではというくらい完全主義な月も藤原竜也さんが演じると違和感は全くなく、鬼気迫る表情やラストシーンは圧巻の一言に尽きます。

デスノート 映画 動画 後編


この作品は、漫画連載していたときから読んでいて、毎週どうなっちゃうのか分からない展開にドキドキされられていました。作画担当の小畑健さんはヒカルの碁から好きでしたがデスノートでさらに魅力的になって大好きになりました。原作者の大場つぐみさんがラッキーマンを書かれた方というのを途中で知って物語をここまで幅広く作れることにとても衝撃を受けました。

コミックの最終回は読み手に解釈をゆだねるような形だったので旧作の映画の方の切れのいい終わり方は意外でしたが、どちらも別のデスノートとして十分の楽しめました。新しい映画のデスノートは完全オリジナルということで期待半分と原作をつぶしてしまうんじゃないかの心配が半分といったところですが、ぜひ見てみたい作品です。

漫画を読んでから、映画をみたのですが、何よりもL役の松山ケンイチの風貌が、すごくマッチしていて驚きます。確か、松ケンLの写真集とかも当時人気でしたよね。あの、魚の死んだような目とか、白いTシャツの着こなしなど、本当にそっくりでした。主役の藤原竜也さんもすごくはまっていたし、ミサミサ役の、戸田恵梨香さんもすごく演技が上手でした。

漫画がおもしろいと、たいてい映画がイメージが違ってがっかりすることが多いのですが、デスノートについてはとても満足しています。デュークも、CGがくしされていて、映像と実写の違和感がなく、一緒に存在しているかのようで、素晴らしかったです。デスノート続編が出たりしていて楽しみではありますが、私としては、続編はだんだん面白くなくなってくるので、あまり続かないでほしい。。。と思いながらも見てしまう性分なので困ります(*_*)