湯を沸かすほど熱い愛動画フル映画無料視聴情報を掲載予定です。まだ配信予定がわからないため、このページは書きかけの状態です。宮沢りえ出演の映画「湯を沸かすほど熱い愛」の動画配信予定が分かり次第、お知らせいたします。


湯を沸かすほどの熱い愛は2017年4月26日配信スタート
《配信先》
1>>TSUTAYA DISCAS

2>>U-NEXT

3>>ビデオパス

いずれも登録特典で無料視聴できます。&お試し期間内に解約で料金無料です。スマホやタブレット等マルチデバイス対応。注)auビデオパスは、au携帯IDが必要です



映画「湯を沸かすほど熱い愛」の物語を簡単に書くと、銭湯「幸の湯」を営む幸野家の物語です。その幸の湯の幸野家の夫は湯のごとく蒸発し出て行ったきり帰ってこない。そのため銭湯は休業を余儀なくされ母親の双葉(宮沢りえ)と残された娘(杉咲花)の二人きりで暮らしています。

娘が学校で絵の具を無理やり出されたり体操服を隠されたりと陰湿ないじめに合っていたり、母親双葉もパートに出稼ぎに出ないという順風満帆とは言い切れない家庭環境の中、母、双葉がパート先のパン屋さんで倒れてしまう。。。そう、ステージ4の末期がんで余命宣告を受けてしまうのです。

ここでありきたりな余命宣告系の映画であれば、その後失意にくれる母親の思いに寄り添ったり、母親の願いを叶えるために周囲の人間が奮闘し家族の絆を深めて御涙頂戴というのがセオリーなんだろうけど、今作はそうではありません。良い意味で完全に裏切られるほどに、明るく気丈に振る舞う双葉の言動に、あっけにとられるというよりもむしろ「え?」と見事に裏切られます。

心機一転、「幸の湯」の再開を志した双葉は探偵を雇い、蒸発した夫(オダギリジョー)の居場所を突き止め、家に乗り込む母親。元夫には双葉との間以外にできた子供がおり、子供と二人暮らしをしている様子。そして、双葉は自分の病気のことを伝え、夫(オダギリジョー)がつれ子と共に幸野家に帰ってきます。幸野家は銭湯「幸の湯」の再開をしながら徐々に母双葉の思いに気づいていくことになる。。。。というお話。

湯を沸かすほど熱い愛 動画 フル 無料


湯を沸かすほど熱い愛のフル動画配信の情報が入り次第、この項目にも記載します。

映画というのは、全てが順風満帆で上手くいくおとぎ話の世界のような話は退屈なものですし、逆に全てがリアルを追求し現実的に描かれているような作品も、重苦しくて精神的に参ってしまいます。どちらかに偏ったものを過度に摂取するのは胸焼けしてしまう。。。。と思うのですが、この作品はそのあたりのバランス感覚に非常に優れていて大変素晴らしい映画だと言えます。

映画の中にはあざとすぎるほどの伏線をいくつも張りながらも、鑑賞と理解のスピードの半歩先をいくような緻密か計算で仕掛けられていて、それらを見事に回収してくれるので、いかに丁寧に脚本を練られたかがよくわかります。1箇所だけ(双葉とヒッチハイクをしている松坂桃李との関係)回収できていないところはあるにせよ、物語を進行する上で回収する必要もなかったから監督は省いたのだろうと推測できます。

映像描写としては腹違いの姉妹の髪型の変化で心の通い具合を表したり、雨を降らすことで双葉の感情を表現したり、他にもたくさん映画的なわかりやすい演出も盛り沢山なんですが、全く嫌味がなくて、むしろ好感を持てるくらいでした。双葉役の宮沢りえは、物語前半から病気の進行が進む後半にかけての声色、風貌から目の動き方まで完璧な演技であったし、娘役の杉咲花もあの年齢にして演技力の高さ、表現力が富んでおり胸を熱くさせられました。今後ますます映画や舞台での活躍を期待したい女優さんです。

夫役のオダギリジョーも、どうしようもないダメ夫でありながら、腹が立たないちょうどいい具合のよろけ具合、気の抜け具合がまた憎めないキャラ設定となっています。この作品は、随所に”泣けるポイント”が盛り込まれていて、全てをあげるとキリはないですが、観る人によって必ず1箇所は泣けるポイント、心に響くポイントがあると思います。「湯を沸かすほどの熱い愛」というなんともいうのが恥ずかしい&直球な映画タイトルですが、ラスト、エンディングでこのタイトルの意味を知った時、感動の嵐が胸を貫くことは必至です。