64‐ロクヨン‐前編/後編の映画動画フル無料視聴情報。動画配信サービスのスケジュールは未定です。配信日が分かり次第お知らせいたします。余談ですが、1週間しかなかった昭和64年の硬貨はとても希少価値があります(*´ڡ`●)売ればそこそこになりますよ!


『64‐ロクヨン‐』ドラマ版(全5話)はU-NEXTでNHKオンデマンド特選として配信中。各話216円。新規登録の600ポイント(1ポイント1円)も使えます。無料トライアル期間は31日。>>映画動画配信サービス詳細

64 映画 動画フル


『64‐ロクヨン‐前編』の動画配信予定が分かり次第この項目でお知らせいたします。『64‐ロクヨン‐』のドラマは見ていませんが、原作を読んでから時間があれば見たいなーと思っていました。で、公開終了間近にようやっと見ることができました。考えさせられる映画だったけど、後半がとてもきになる終わりかたで早く続きが見たいなと思いました。

豪華な出演者たちの中でもやはり佐藤浩一の渋さは見ていてとてもいいものでした。みんな演技がうまくて見ていてどんどん映画の世界に引き込まれていって2時間あまりがあっという間に過ぎ去ってしまいました。映画の内容自体は暗いもので決して楽しい映画とはいえませんが、見る価値のある映画だと思います。

そして後半で、どのように事件が解決していくのか見るのがとても楽しみです。どこまでリアリティがあるのかわかりませんが、警察とマスコミの攻防戦を見ていると実際はどうなんだろうかと気になってきます。

『64‐ロクヨン‐後編』の動画配信予定が分かり次第この項目でお知らせいたします。原作の小説を読んでいたので映画化になり、もちろん表現の違いがあるのでどうしても映画は時間の関係から、かなり小説より簡潔に描かれているなという感じです。

ただ、小説では分かりにくい部分が映画では分かり易く描かれてもいました。とりあえず、出演者が豪華過ぎます。これでもかっていうほどの俳優陣です。みんな配役にとてもあった俳優さんを選んでいたと思います。

ただ、窪田君のヘアメイクだけは残念でした。引きこもりにしては、綺麗すぎるし、髪の毛とヒゲが作り物丸出し。主演の佐藤浩市はもちろんですが、永瀬正敏の演技がとても素晴らしかったです。引き込まれました。話はだいたい小説通りに進んでいきます。小説では長いシーンもとても簡潔に。

ただ、最後は全く違います。小説に描かれていないシーンでラスト30分ぐらいはあったように思います。しかもその内容が私はあまり良く思わなかったので残念でした。映画全体の感想としては、私は60点ぐらいだと思います。小説を読んでいなかったら少し理解できない部分もあるし、ストーリー自体が軽い感じに思えます。登場人物がかなり多いので配役を見てから、小説を読むととても分かり易く、そしてその後に映画を見る方が面白いと思います。